葬儀に出席する際に社会人として気をつけたい事

死は人間にとって避けられない事であり、社会人になるほど葬儀に出席する機会が増えます。お葬式におけるマナーを守るのは大人として欠かせない事ですから、葬儀の席に出席する前に必ず確認しておきたいところです。例えばお葬式では使うのが望ましくないNGワードと言うものが存在しています。一般的に故人の不幸を喜んだり厳粛な場で浮かれた言葉をかける人はいませんが、例えば「重ね重ね」など二重の言葉もその場に相応しくないと言われていますので注意しましょう。

葬儀の席では二連のアクセサリーを身につける事が禁止されているのから分かる通り、「不幸が重なる」と言う意味のあるアイテムや言葉が避けられているのです。また大人として気をつけたいのが香典のマナーです。葬儀に香典を持って行く際には不祝儀袋を用いるのが一般的ですが、袋の種類に注意しましょう。例えばキリスト教式のお葬式と仏教式のお葬式では水引の色が異なります。

結びきりの水引を選ぶのは一般的でも、こうした細部に注意するようにしましょう。葬儀に出席する前に相手の宗教を訊ねておく事が大切です。他にも香典の額によって選ぶべき袋の種類は異なります。他にも注意したいのが自分自身の名前を記す際ですが、黒い墨ではなく薄墨を用いるようにしましょう。

薄墨は故人の死によって悲しんでいる自身の心情を象徴するものですから欠かせないポイントです。従ってボールペンやマジックなどで書く事は避けるべきなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *