故人の思いを叶えるお葬式

お葬式の主役は、参加はできませんが故人です。最近では、故人が生前望んでいた形に近いお葬式にしたいという遺族が増えています。従来までの仏式葬儀は2日に渡って通夜と告別式を執り行う方式でしたが、今ではそれにこだわらず、無宗教の自由葬をする人もいます。自由葬は宗教に関係なくできるお葬式で、遺族が主体となって準備を進めます。

自由葬は自由に内容や流れを決められるので、故人の意思を反映しやすいというメリットがあります。ただし、自由にできるということは決まった型が使えないということでもあります。遺族が積極的に動かないと中身が決まらないので、準備に苦労する可能性があります。この負担を少なくするために、多くの場合には従来型の仏式葬儀の方式を取り入れることが多いです。

通夜もしくは告別式のどちらかを仏式葬儀にして、もう一方を自由な内容で行う方法です。この方法であれば準備の手間は半分になりますし、昔ながらのお葬式も行うので、高齢の弔問客からも違和感を持たれにくいです。内容は故人の趣味や好きだったものを取り入れます。お酒が好きだったのであれば日本酒やワインの銘柄を色々取り揃えて、会葬者全員で飲みながら故人の生前の思い出を語りあうなどもできます。

他には、故人の趣味仲間を集めて、そこで演奏や歌を発表してもらうなどがあります。内容は自由に決められますが、準備期間は限られているので無理のない範囲で計画を立てましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *