お葬式の装いの正しいマナー

お葬式の席というのは結婚式以上にきちんとした装いは求められる場です。必ず、悲しみを背負った遺族がいますので、そのような人の前で常識外れな装いで参列してしまうと怒りを招いてしまう可能性があります。お葬式というのは故人を素直に弔う気持ちというのが一番大切ですが、その気持ちを表すには基本的な常識を知っておく必要があります。まず、勘違いしている人が多いものとしては通夜の時の服装です。

お葬式に喪服を着ていくというのは当たり前のことですが、実は通夜には喪服を着ていくのはマナーとして違います。理由は、通夜というのは急に起こってしまったことに対して慌てて行動するという意味合いが強く、そのような場に喪服で行ってしまうと死ぬことを予想していたととられてしまうため、マナー違反といえます。そのため、通夜の服装としてはダークスーツや黒いワンピースが基本です。女性の場合は黒いストッキングを合わせます。

一応、肌色のストッキングでも可ではありますhが、一般的には黒いストッキングの方が無難だといえます。また、リクルートスーツでも良いかという部分ですが、これに関しては通夜であれば良いですが告別式ではダメです。ただし、学生だったり20歳前の社会人であれば、通夜にはリクルートスーツでも仕方ありませんがそれ以上の年齢の人の場合であればきちんとした礼服を一枚は持っているべきです。このようにお葬式の時の装いというのは遺族の気持ちと故人へ最大限配慮する必要がありますので正しいマナーを知っておくようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *