お葬式で起こるトラブル

お葬式は人生の最後を締めくくる儀式ですが、最近は家族だけの小規模なものが主流になっています。親族だけを集めれば、お葬式にかかる費用が少なくなると考えられていますが、費用面でのトラブルが発生しないわけではありません。それは香典で費用をまかなうことができないためです。限られた人数のみを集めると、香典の総額も減ります。

足りない分は遺族が用意するので、かえって費用が高くなります。また死は突然訪れるものなので、遺族はお葬式をする段階では頭の整理が追いついていないことが多いです。小規模に行ってもオプションを付ければ予算が上がります。必要なものや故人の希望が分からないと、勧められる全てのオプションを契約しやすくなり、正しい判断ができません。

お葬式は不明瞭な部分が多いという実態があります。火葬や会場によって知らないうちに費用が追加されることもあり、国民生活センターへの相談が多いです。これらのトラブルを避けるには、葬儀会社がどのような料金体系をしているか確認するのが大切です。できるだけシンプルにプランを用意している葬儀会社を選びます。

さらにトラブルには親族間でも発生します。あるアンケートでは自分の親のお葬式に親族を呼びたくない人が半分くらいいることが分かりました。遺産を目当てにそれまで付き合いのなかった親族が訪れることがあり、人間関係が悪化しやすいです。全ての親族が悪い人ではないので、連絡をしたくない人だけ無視することでトラブルを回避します。

市川で葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *