家族葬の内容と費用の目安

家族葬は、家族や親しい人のみで故人を見送る葬儀のことで、参列者が少ないだけで葬儀の内容は一般的な葬儀と同様です。

通常の葬儀では参列者への対応が必要になりますが、家族葬ならゆっくりと時間をかけて故人に別れを告げることができます。人数が少ないので、費用面も多少は軽減できます。注意したいのは、葬儀に参列できなかった人が、後日、自宅に弔問に訪れるため、多くの弔問客が予想される場合には、一般的な葬儀を検討するとよいでしょう。また、親戚や知人のうち、誰に知らせて参列してもらうか、よく考えて決める必要があります。

後から苦情が来た場合や、知らせていないのに葬儀にくる人がいた場合など、トラブルにならないよう注意が必要です。故人の遺志や家族の意向で家族葬であることを十分告知し、間に合わなかった場合にも、式後にお知らせすることをおすすめします。家族葬の費用は、通常の葬儀の費用よりは抑えられますが、内容が同じですので、参列者の人数によっては、それほど変わりません。

費用を大幅に抑えたなら、火葬式(直葬)を検討するとよいでしょう。費用は業者によって異なりますが、目安として40万から50万程度が一般的です。格安料金の場合も、寝台車やドライアイスが別途料金など、内容に差がありますので、よく確認することをおすすめします。葬儀社の会員や早期予約で割引きになるケースもありますので、高齢の家族がいるなら問い合わせてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *