家族葬の料金は一般葬と自己負担額が変わらない可能性

家族葬を希望する遺族の多くは、家族だけで静かに故人を見送りたいと思っていることが多く、後でお別れ会としてこうした会を別に開くなどの対応をするケースがあります。

中には家族葬にした理由として、葬儀になるべくお金をかけたくなかったという理由がよく聞かれます。家族葬と一般葬の違いは参列者の数と祭壇などの違いで、特に参列者に対する通夜ぶるまいや返礼品では数十万円かかることから、これが丸々削ることのできる家族葬は料金面において確かに安くできます。しかし、自己負担額という観点で考えれば、実は一般葬と変わらない可能性もあり、お金だけで決めた場合には注意が必要です。

一般葬の料金は100万円から200万円かかるといわれています。一方の家族葬は50万円から100万円程度かかります。参列者が多ければ多いほど、返礼品や飲食費の料金がかかりますが、一方で香典を葬儀費用に充てることができます。これにより、葬儀費用を十分まかなえたり、そうでなくても自己負担額がかなり抑えられる形となります。

親族のみの葬儀でももちろん香典はもらえますが、総額では当然一般葬の多くもらえ、自己負担額という視点で考えると、実はどちらも変わらない、むしろ一般葬の方が金銭的な負担という点では楽になることもあります。金銭的な負担よりも経済的な負担や取り巻く環境を優先すべきですが、もしお金だけで葬儀をどうするか考えているのならば、他の観点で葬儀を見直してみるのもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *