家族葬の料金の目安について

家族葬は、一般的な葬儀の形式で、家族中心で執り行う葬儀の方法です。

お通夜や告別式を行わない火葬式(直葬)とは異なりますので注意してください。家族や親族で、ゆっくりと別れを告げたい場合に選ばれ、社交辞令的な弔問を避けることができます。ただし、家族葬にした場合、後日、自宅に弔問客が訪問することがあるため、かえって応対が大変になる可能性があります。弔問客の人数が多いようなら、一般の葬儀を検討した方がよいでしょう。また、親族はどこまで呼ぶか、香典や供花を受け取るかどうかなどは、家族で話し合って決めておく必要があります。周囲からの理解を得て選ぶようにしましょう。

家族葬の料金は、参列者の人数によって異なります。また、自宅で行えば、会場の費用がかからないので、料金も抑えられます。料金の目安として、自宅での家族葬で40万円前後、斎場で行う場合、50名程度で50万円前後が目安です。宗教者への費用は別になります。また、寺院との付き合いがない場合には、葬儀社で紹介してもらえますが、別途費用がかかります。葬儀社によっては、寝台車や霊柩車の移動距離が規定以上の場合や、ドライアイスの使用日数が規定以上の場合など、別途料金が発生する場合もあります。

プランに含まれる内容は、葬儀社ごとに異なりますので、打ち合わせの段階でよく確認しておきましょう。会員になると料金が抑えられる葬儀社もありますので、高齢の家族がいる場合には検討してみてはいかがでしょうか。家族葬は、一般的な葬儀の形式で、家族中心で執り行う葬儀の方法です。お通夜や告別式を行わない火葬式(直葬)とは異なりますので注意してください。家族や親族で、ゆっくりと別れを告げたい場合に選ばれ、社交辞令的な弔問を避けることができます。

ただし、家族葬にした場合、後日、自宅に弔問客が訪問することがあるため、かえって応対が大変になる可能性があります。弔問客の人数が多いようなら、一般の葬儀を検討した方がよいでしょう。また、親族はどこまで呼ぶか、香典や供花を受け取るかどうかなどは、家族で話し合って決めておく必要があります。周囲からの理解を得て選ぶようにしましょう。家族葬の料金は、参列者の人数によって異なります。また、自宅で行えば、会場の費用がかからないので、料金も抑えられます。

料金の目安として、自宅での家族葬で40万円前後、斎場で行う場合、50名程度で50万円前後が目安です。宗教者への費用は別になります。また、寺院との付き合いがない場合には、葬儀社で紹介してもらえますが、別途費用がかかります。葬儀社によっては、寝台車や霊柩車の移動距離が規定以上の場合や、ドライアイスの使用日数が規定以上の場合など、別途料金が発生する場合もあります。プランに含まれる内容は、葬儀社ごとに異なりますので、打ち合わせの段階でよく確認しておきましょう。会員になると料金が抑えられる葬儀社もありますので、高齢の家族がいる場合には検討してみてはいかがでしょうか。
浦安で葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *