家族葬は一般の葬儀より料金は安く済みます

近年、遺族だけで故人を偲ぶ家族葬を営まれる方が増えています。

多くの参列者を迎える一般の葬儀を行う事は、遺族にとっては気苦労も多く、非常に大変で、故人をゆっくりと偲ぶ暇もないのが普通です。これには、大切な人を亡くした深い悲しみを、その大変さで紛らせると言う意味もあるようですが、費用が掛かり過ぎる事や、故人をゆくり偲ぶ方が良いと考える人が増えた事で、家族葬を選択される方が増えているのです。

一般の葬儀の料金も、昔に比べて明朗で、比較的安くはなっていますが、まだまだ割高感があるのが実態です。葬儀の料金は、祭壇を中心に儀礼の用具の格によって値段が何水準か選択できるようになっており、その点は家族葬も同じです。しかし、葬儀を営む部屋が小さい事から祭壇も小さくなる上に、一般の参列者がほとんどいない事から、見栄を張る必要もありません。

家族葬の場合には、祭壇や葬儀一式の料金として30万円程度で、それにプラスして参列する遺族の人数分の料理の費用や、お寺さんへのお布施(地方によって差はありますが、20~30万円程度が一般的です。)を合わせ、70万円もあれば十分立派に営む事が出来るものです。もちろん、遺族だけなので、お寺さんを呼ばずにCDで読経を流して済ませれば、その分費用は更に抑える事が可能です。葬儀は故人の死を悼み、故人を偲び、残されたものが新たな人生を切り開いて行く覚悟をする場であり、そうした心があれば、何も大金を掛ける必要性はなく、自分達の納得できるスタイルで葬儀を営めば良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *