家族葬にかかる料金について

家族葬とは一般の葬儀とは異なり、故人の知人や会社関係者は参列せずに家族・親族だけで行われる葬儀です。

昨今は家族葬が増えており、その理由は故人に葬儀に呼ぶような知人が少ない場合、参列者への応対に追われずに家族だけでゆっくり故人を偲んで見送りたい、葬儀は華々しくしないでほしいという故人の遺志、などと様々です。では料金は一般的な葬儀とどのぐらい違うものなのでしょうか。まずは葬儀にかかる料金の基本についてですが、葬儀全体としては「葬儀費用」「寺院費用」「飲食代」に分かれます。通夜、葬儀・告別式、火葬といった一般的な流れで行う場合、僧侶への読経と戒名のお礼を支払う寺院費用については一般葬と変わりありません。

葬儀費用については、100人程度の会葬者で行う一般葬と10人で行う家族葬とを比較すると、一般葬120万円強に対して家族葬は50~60万円の料金で行うことができます。その理由は斎場が小さい会場で行えるので使用料が安いこと、また祭壇の飾りもコンパクトにできる、また人件費が少なくて済むという点が大きいです。また、飲食代についても100人の会葬者の場合40万円程度が相場ですが、親族10名の場合は5~6万円程が相場です。しかしながら、家族葬の場合は一般葬に比べて出費は少ないですが、香典収入も少なくなります。

親族だけということで香典を辞退する場合も多く、場合によっては遺族の持ち出し分は一般葬とそれほど変わらなくなることもあります。家族葬とは一般の葬儀とは異なり、故人の知人や会社関係者は参列せずに家族・親族だけで行われる葬儀です。昨今は家族葬が増えており、その理由は故人に葬儀に呼ぶような知人が少ない場合、参列者への応対に追われずに家族だけでゆっくり故人を偲んで見送りたい、葬儀は華々しくしないでほしいという故人の遺志、などと様々です。

では料金は一般的な葬儀とどのぐらい違うものなのでしょうか。まずは葬儀にかかる料金の基本についてですが、葬儀全体としては「葬儀費用」「寺院費用」「飲食代」に分かれます。通夜、葬儀・告別式、火葬といった一般的な流れで行う場合、僧侶への読経と戒名のお礼を支払う寺院費用については一般葬と変わりありません。葬儀費用については、100人程度の会葬者で行う一般葬と10人で行う家族葬とを比較すると、一般葬120万円強に対して家族葬は50~60万円の料金で行うことができます。

その理由は斎場が小さい会場で行えるので使用料が安いこと、また祭壇の飾りもコンパクトにできる、また人件費が少なくて済むという点が大きいです。また、飲食代についても100人の会葬者の場合40万円程度が相場ですが、親族10名の場合は5~6万円程が相場です。しかしながら、家族葬の場合は一般葬に比べて出費は少ないですが、香典収入も少なくなります。親族だけということで香典を辞退する場合も多く、場合によっては遺族の持ち出し分は一般葬とそれほど変わらなくなることもあります。
市川で葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *